「副流煙」と受動喫煙

「副流煙」と受動喫煙


たばこの煙には二つの種類があります。喫煙者が吸い込み、吐きだす「主流煙」、たばこの先から立ち上がる「副流煙」の二つです。そして実は、この副流煙には、発がん性物質などの有害物質が、主流煙よりも2〜5倍量も含まれています。(厚労省調べ)この副流煙を吸わされることを「受動喫煙」と言います。

喫煙者のご家族は、例えたばこを吸っていなかったとしても、この副流煙による害を被っているのです。「夫が1日20本以上喫煙するときの、妻の肺がん死亡率は、夫が非喫煙者の場合に比べて1.91倍」というデータもあり、受動喫煙の被害は深刻になっていることがよくわかります。

ご家族や身近な方のためにも、是非禁煙に挑戦してみてください。
(編集部)


気になったら
COPDチェック[無料]

禁煙する
禁煙チェッカー会員登録

タバコ豆知識
「副流煙」と受動喫煙
タバコと「肌荒れ」
ニコチン依存症(ニコチン中毒)とは?
タバコの「誤飲」
新型インフルエンザとCOPDの関係について
禁煙すると太るってホント?

禁煙支援・COPD啓発サイト「禁煙のミカタ」TOP
(c)2009 Plusr Inc.
All rights reserved.
携帯アクセス解析