COPDになったら使うお薬

COPDになったら使うお薬


薬物療法は息切れを軽くし、運動能力を高めることを目的としています。COPDが重症でなければ、息切れは体を動かしたり運動したりするときにのみ感じます。そのようなときに薬物治療を行うと、その効果を実感できます。

COPDの治療に使うお薬は、はたらきによって大きく4つのグループに分けることができます。基本となる薬剤は気管支を広げるはたらきのある気管支拡張薬、特に吸入器を使って口から吸入するタイプのお薬(吸入薬)が多いですが、飲み薬や貼り薬もあります。また、必要に応じてステロイド薬、去痰薬、抗菌薬なども使用されます。

いずれの場合でも、薬剤によっては相互作用を起こす可能性があるので、受診の際にはCOPDの治療以外で服用している薬剤名を医師に伝えましょう。

(引用:COPD情報サイトSpiNet)


気になったら
COPDチェック[無料]

禁煙する
禁煙チェッカー会員登録

COPD治療方法
COPDの治療の流れ〜治療は医師と二人三脚で
禁煙はCOPD治療の第一歩
ワクチン接種を忘れずに
COPDになったら使うお薬
薬物療法のキホン:気管支拡張薬について
積極的な呼吸リハビリテーションを行いましょう
在宅酸素療法とは

禁煙支援・COPD啓発サイト「禁煙のミカタ」TOP
(c)2009 Plusr Inc.
All rights reserved.
携帯アクセス解析